自動車保険 安い おすすめ

安い自動車保険を簡単に探す方法

自動車保険 安い

自動車保険 比較

自動車保険 格安

自動車保険 見積もり

自動車保険 相場

 

自動車保険は毎年更新するものなので、保険料はできるだけ安い方がいいと思いませんか?

 

1年間無事故であれば翌年は等級も上がって保険料がかなりお安くなります。
とても嬉しい反面、自動車保険使っていないのにこんなに保険料を支払う必要あるのかな?と思うこともあるかと思います。

 

今の時代はパソコンやインターネットから簡単に一括見積もりが出来る時代です。

 

同じ内容で複数の自動車保険から見積もりを取ることで、相場はもちろん一番安い保険を探すことも簡単にできるようになりました。

 

自動車保険 探す

 

まずは今加入している保険を見直してみましょう。

 

自動車保険は車を運転する人なら必ず加入すべき保険ですが、心配しすぎていろいろな特約をつけすぎていたりしているのかもしれません。
これは自動車保険を見直すチャンスです。

 

 

自動車保険の補償

 

自動車保険 補償

 

自動車保険に補償は基本的には4つに分けられます。

 

・対人補償:事故相手の怪我・傷害・死亡に備える

 

・対物補償:事故相手の車の修理やガードレール、電柱などの修理に備える

 

・人身傷害か搭乗者傷害:自分と同乗者の怪我・傷害・死亡に備える

 

・車両保険:自分の車の修理に備える

 

この4つの補償額をいくらにするかで毎月の保険料が変わります。
対人補償と対物補償は、事故の際に事故の相手にいくら支払い命令がくるか分からないので、無制限にしておくのが安心です。
自分への補償は、車の年数や保険料と相談しながら決める人が多いようです。

 

 

自動車保険の補償の設定方法

 

自動車保険 補償内容

 

この@対人賠償 A対物賠償 B人身傷害 C車両保険の補償額をいくらに設定するかによって月々の保険料が変わります。
オススメの補償額は以下の通りです。

 

@対人賠償は無制限で契約しましょう。 
A対物賠償は無制限で契約しましょう。 
B人身傷害は3000万円〜保険料に応じて契約しましょう。 
C車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して契約しましょう。

 

@対人賠償は無制限で契約しましょう。 
事故の相手を死傷させた場合に備えて、無制限で契約しておきましょう。

 

A対物賠償は無制限で契約しましょう。 
事故相手の車やカードレール・信号機などの修理に備えて、無制限で契約しておきましょう。

 

B人身傷害は3000万円〜保険料に応じて契約しましょう。
実際にかかった損害額に対して支払われる人身傷害、最低限でもいいのでつけておきましょう。 

 

C車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して契約しましょう。
車両保険は保険料がかなり上がるので、必要に応じて加入しましょう。ローンが残っている車は加入しておくと安心です。
補償の幅の広い「一般型」がおすすめですが、補償範囲が限定された「エコノミー型」なら保険料が抑えられます。

 

 

自動車保険のいろいろな特約

自動車保険にはいろいろな特約があります。

 

個人賠償責任特約、弁護士費用特約、自転車傷害特約、ファミリーバイク特約などは名前を見れば何となくわかりますし、有名な補償です。そのほかにもあまり知られていない特約について調べてみました。

 

 

他車運転特約:借りた車を運転していた時に事故を起こしてしまった場合に保険金が支払われるものです。保険会社によっては、もともとついているところもあります。

 

車両身の回り品補償:車内に衣類やバッグ・カメラ・楽器・ゴルフ用品・パスポート・運転免許証などが入った車が車ごと盗まれた場合に保険金がおります。車上荒らしは対象になりません。

 

対物全損時修理差額費用特約:事故相手の車の修理費用が思っていたよりも高額で、相手がその修理を行い、その差額分を保険の契約者が負担する場合に責任割合に応じて50万円を限度として支払うというもの。つまり相手の車が80万円の価値しかない場合にはこちらにすべての責任があったとしても、80万円しか保険金はおりません。しかし修理に100万円かかる場合は差額の20万円は自費になります。このような時、この特約があればこの20万円は保険で支払われるというものです。

 

いろいろな特約がありますね。必要に応じてつけておくと安心です。

 

 

ロードサービスとは

 

自動車保険 ロードサービス

 

じつは自動車保険は、自動車事故の時だけに活躍するものではありません。
むしろ急な故障の時に現場に急行するほうが多いかもしれません。

 

契約車両のトラブルを解決するのが、ロードサービスです。

 

通常自動車保険を利用すると翌年の保険料がアップしますが、ロードサービスを利用してもなんと翌年の保険料に影響はないのです。
では、具体的にはどんなロードサービスがあるのでしょうか?

 

<車へのロードサービス>
@バッテリー上がり
Aパンク
Bキーの閉じ込め
Cガス欠
Dレッカー移動
Eその他のトラブル

 

<人へのロードサービス>
契約している車が動かなくなった場合に、置き去りは困りますね

 

@帰宅費用サポート(自宅もしくは目的地まで)
Aレンタカー費用サポート(24時間まで)
B宿泊費用サポート(1泊まで)

 

しかしロードサービスは保険会社によって内容が異なります。

 

保険会社によってレッカー移動が「50kmまで無料」のところと「100kmまで無料」のところなどロードサービスの内容に差があるので、保険に加入する前に確認しておきましょう。

 

 

 

自動車保険のノンフリート等級

 

任意保険 ノンフリート等級

 

自動車任意保険にはノンフリート等級という独特なシステムがあります。ご存知ですか?
ノンフリート等級は、自動車任意保険の保険料の割引率や割増率を決める大事な指標です。

 

一番最初に自動車任意保険に加入する場合は6等級からスタートして、1年間無事故であれば翌年は1等級上がり7等級になります。
そしてノンフリート等級が7等級になると、前年よりも保険料が割引されるという仕組みなのです。

 

これを毎年繰り返していくと等級がどんどん上がり、最高で20等級まで上がります。
そして、20等級になると初年度に比べて約6割前後も保険料が安くなるのです。

 

しかし逆に、不運にも交通事故にあって自動車任意保険を使用した場合は、その事故の種類によって、3等級もしくは1等級下がります。

 

例えば15等級の時に事故にあって保険を使用した場合、翌年のノンフリート等級は3等級ダウンの12等級となって保険料が前年よりもアップします。
ノンフリート等級の最低は1等級であり、そこから下がることはありません。

 

ノンフリート等級の特徴として、保険会社を変更した場合でも等級を引き継ぐことができる点です。
ですから保険会社を比較して、翌年はもっと安い保険会社に変えることができるのです。

 

しかし7等級以上の場合は満期日や解約日から、次の保険始期日まで8日以上空くと等級を引き継ぐことができなくなってしまいますのでご注意ください。
もし等級が引き継げなかった場合は、6等級からのスタートになります。

 

だったら3等級が6等級からスタートしてラッキーなのでは?と考えるかもしれません。
しかし等級は保険会社間の情報交換制度によって必ず確認されますので、正しい等級を記入してくださいね。

 

もし最初にバレなくてもいざ保険を受け取ろうとして等級に嘘の記載があった場合は、保険金がおりなくなるかもしれません。

 

共済には等級の引き継ぎが出来る共済とそうでない共済がありますので、保険会社にご確認ください。

 

 

 

 

 

自動車保険 値段 相場 引っ越し業者 段ボール 無料 共済 自動車保険 安い エアコン 移設 費用 弁護士 借金 無料相談